ヤンファーブル

c0212214_15231218.jpg


9月20日

トリエンナーレの公演のひとつ、
ベルギー生まれのヤンファーブルの作品
「Another Sleepy Dusty Delta Day」~またもけだるい灰色のデルタデー

私は舞台美術に目が行くタイプなので
この舞台はとても興味深かったです。
上から吊られたいくつもの鳥かごにはカナリヤ(後から一羽をのぞきすべて本物と分かる)
山に盛られた石炭の周りを走るミニチュア列車
上手前に置かれたロッキングチェア

ダンサーはアルテミス・スタヴィリディ

「ビリー・ジョーの歌」からインスピレーションを得て作られた作品は
印象的なメロディーに乗せて進んでいきました。

ダンサーは手紙を読み、歌い、激しく体を揺さぶり
鳥かごを揺らし、ドレスを脱ぎ、ビール瓶を股間に挟み、
石炭を体に塗りたくり、レールを破壊し・・・とあれこれ盛りだくさんでした。


カンパニーメンバーによるワークショップも開催され
そちらにも参加しました。
表現を重視した内容でとても楽しめました。
[PR]

by ripporose | 2010-10-14 15:33 | 舞台鑑賞