春が来ています

c0212214_10471025.jpg

ミモザ
c0212214_10474428.jpg

水仙
c0212214_10481993.jpg

ハーデンベルギア


ガレキの中に立ち尽くす男性が
「軒下につるしてあった何百というチューリップの球根が流されてしまったので
春になったらここらいったいがどんなにきれいだろう」と言っていた。

神戸の震災のときも仮設住宅の敷地の隅で花を育て、愛でている人のことが印象的で記憶している。

花は、いつでも人を癒してくれる。

力強く、たくましく、けなげで、美しく。
[PR]

by ripporose | 2011-03-25 10:55 | にわしごと